各メーカーのウォーターサーバーチャイルドロック機能

安全性という点については、ウォーターサーバーメーカーも様々な独自のチャイルドロック機能を提案し、安全性の強化を図ることで消費者が安心して使用できるウォーターサーバーの提供に努めています。チャイルドロックのようなウォーターサーバーの安全性に関しては、経済産業省によっても提案されており、ウォーターサーバー各社はそのような提言を参考により安全性の高いチャイルドロック機能の改善に取り組んでいます。

経済産業省のとりまとめでは、子どもの事故防止に関する提言は、機械式のウォーターサーバーと電動式のウォーターサーバーの2種類が取りまとめられています。機械式の場合には、1歳以下の力でお湯が出せないことと、チャイルドロックの解除を行う手順を2回以上にすることが示されています。電動式の場合には、ロック解除ボタンの高さをできるだけ高い位置にして、乳幼児の手が届きにくくなるようなところに設置するように配慮したり、ボタンの表面が上方へ向くように設置するか、ボタンをカバーで覆うといったことが示されています。

このような形で、ウォーターサーバーメーカーは、安全性に関わる機能がよりよくなるようにして、安全快適なウォーターサーバーを提供できるように努めています。