ウォーターサーバーのチャイルドロック機能

ウォーターサーバーには便利な機能がたくさん搭載されています。そのなかでも、安全性という点でウォーターサーバーに欠かせない機能がチャイルドロック機能です。チャイルドロック機能は小さな子供や赤ちゃんがいる家庭などで重視される機能の一つで、多くのウォーターサーバーには子どもや赤ちゃんが熱湯などで火傷をしないように温水にチャイルドロックが搭載されています。

最近では冷水にもチャイルドロックが設置されているウォーターサーバーメーカーも増えており、チャイルドロック機能は小さな子どもや赤ちゃんがいる家庭では重要で不可欠な機能といえます。

また、チャイルドロック機能は子どもや赤ちゃんだけではなく、犬や猫などのペットがいる家庭からも注目されています。安全性という点で、ウォーターサーバーメーカー各社も様々な独自のチャイルドロック機能を提案して、消費者が安心して使用できるウォーターサーバーを提供できるように工夫しています。チャイルドロックの安全性に関しては、経済産業省によっても提言があり、ウォーターサーバー会社はそのような提言を参考にして、安全性の高いチャイルドロック機能の改善に取り組んでいます。

経済産業省では、機械式のウォーターサーバーと電動式のウォーターサーバーの2種類についてチャイルドロック機能について取りまとめがなされてます。機械式のウォーターサーバーの場合には、1歳以下の力でお湯が出せないことや、チャイルドロックの解除を行う手順は2回以上にすることが示されています。電動式の場合には、ロック解除ボタンの高さをできるだけ高い位置にし、乳幼児の手が届きにくくなるようなところに設置するように配慮することがアドバイスされています。また、ボタンの表面が上方へ向くように設置したり、ボタンをカバーで覆うといったことも示され、ウォーターサーバーメーカーがチャイルドロック機能などの安全性に関わる機能をより充実できるようにしています。

小さな子どもがコックを開けて、熱湯でやけどをするという事故も実際に起こっている中で、チャイルドロックは小さな子どもが事故に巻き込まれることを未然防止するための機能として注目されています。ウォーターサーバーには、チャイルドロック機能の他にも、ウォーターサーバーを使わない時間帯の電気代を抑えるエコモード機能や、プッシュ式ボタンなどによるメンテナンスフリーの高温循環機能、お湯の再加熱機能などの様々な機能が搭載されています。

インフォメーション

2017年02月02日

ホームページを更新しました

line